藤井聡太王位が豊島竜王下して2勝1敗 王位戦第3局

会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太王位(19)=棋聖と合わせ二冠=に豊島(とよしま)将之竜王(31)=叡王(えいおう)と合わせ二冠=が挑戦している第62期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第3局が21、22の両日、神戸市北区の「中の坊瑞苑(ずいえん)」で指され、22日午後6時40分、藤井王位が117手で勝ち、シリーズ成績を2勝1敗とし、王位の防衛まであと2勝と迫った。王位戦七番勝負は持ち時間各8時間の2日制。第4局は8月18、19の両日、佐賀県嬉野市で。

 6月29、30の両日に名古屋市中区で指された第1局は豊島竜王が快勝。7月13、14の両日、北海道旭川市で指された第2局は藤井王位が逆転勝ち。両者1勝1敗で迎えた第3局は、藤井王位の先手番で、両者得意の「角換わり腰掛け銀」という戦型になり、難解な将棋に。攻めの強手を放った藤井王位が攻めをつなげ、勝ちきった。19日に19歳の誕生日を迎えた藤井王位にとって、19歳になって初の公式戦だったが、白星で飾った。

 終局後、勝った藤井王位は「…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。