台風6号 23日~24日に沖縄・先島諸島へ最接近

[PR]

 大型で強い台風6号が23日から24日にかけ、沖縄県先島諸島に最も接近する見通しとなっている。気象庁は、台風の動きが遅いことから、長時間にわたって暴風や猛烈なしけに見舞われるおそれがあるとし、住宅の倒壊や高波に厳重な警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風は23日正午現在、宮古島の南約30キロを北北西へゆっくり進み、中心の気圧は955ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は40メートルという。

 宮古島地方へは23日夜、石垣島など八重山地方へは24日にかけて、非常に強い勢力で接近する見通し。23日から24日にかけて予想される最大風速は、宮古島地方で45メートル、石垣島地方で40メートル。最大瞬間風速はいずれも60メートル。

 また24日正午までの24時間降水量は250ミリに達するおそれがあり、気象庁土砂災害や低い土地への浸水についても厳重な警戒を呼びかけている。沖縄気象台によると、台風は時速10キロで北北西へ進み、先島諸島は24日昼前に暴風域を抜ける見通しという。

 沖縄県のまとめによると、23日正午現在、宮古島市などで3人が風にあおられて転倒し、軽いけがを負ったという。