「五輪に反対」、でも… 娘からスマホに届いた愛の形

[PR]

 「普通じゃないお母さん」

 今年で20歳になる娘から、そんなふうにほめられると、胸がキュッとなる。

 42歳。競技と子育てを両立させ、5度目の夏季五輪に出場する中山由起枝クレー射撃のレジェンドだ。

 「競技を継続できたのは奇跡」。その道のりは、まな娘と2人で歩んできた歴史でもある、という。だから、今夏は誓う。いまだ手にしたことがないメダルを取り、娘に見せたい、と。

 娘の芽生(めい)さんの話をする時、中山の顔はほころぶ。オンライン取材のとき、スマホの画面を見せてくれた。「いつも競技の前に気持ちを高めるために見ているんですよ。何歳になっても、娘が送ってくれて」

スポーツPlus

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は7月27日配信分をWEB版でお届けします。

 画面に映っているのは娘が歌…

この記事は有料会員記事です。残り1228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
スポーツPlus

スポーツPlus

競技に生きる、そこに生きた、それを支えた人たちの、勝ち負けだけじゃない物語を描きます。ニュースレター「スポーツPlus」は、有料会員の方に毎週お届けします。[記事一覧へ]