国を背負う戦い「おかしくないか」 五輪の意義を考える

有料会員記事

[PR]

山極寿一さん

 コロナ禍の中でオリンピックを迎え、海外から多数の観客を呼び込んで経済を活性化させるという目的が消し飛んだ。改めてスポーツの祭典としてのオリンピックの意義を考えてみたい。

 スポーツの起源は遊びである。私は日本学術会議の会長をしていた2年前に、当時の鈴木大地スポーツ庁長官から依頼を受けて、「科学的エビデンスに基づくスポーツの価値の普及のあり方」について審議したことがある。そのとき、スポーツの本来の意味は「気分転換」であり、それが貴族たちの野外の余暇活動となり、身体を酷使する競技となったのは19世紀以降であることを学んだ。

 私が長く研究してきたゴリラもよく遊ぶ。取っ組み合ったり、追いかけ合ったりして、ときには短い休止を挟んで1時間以上も遊び続けることがある。互いに高いところに上って胸をたたき合う「お山の大将ごっこ」や、数頭が数珠つなぎになって歩く「電車ごっこ」に似た遊びもある。遊びの特徴は、経済的な目的を持たず、体の大きいほうが自分の力を抑制して小さいほうに合わせ、互いに役割を交代するところにある。

 身体を同調させる楽しさを追…

この記事は有料会員記事です。残り1266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    沢村亙
    (朝日新聞論説委員=国際政治、歴史)
    2021年7月26日13時50分 投稿
    【視点】

     最近は出身国とは違う国でトレーニングを積んだり、成績を上げたりする選手も増えている。その良しあしは別として、五輪で「国旗を背負うこと」「メダルを国の力であるかのように見なすこと」はたしかに虚構になりつつあるのかもしれない。思い出すのは特派

  • commentatorHeader
    蟹江憲史
    (慶應義塾大学大学院教授)
    2021年7月26日11時0分 投稿
    【視点】

     山際さんのおっしゃる通りです。  参加することに意義があるオリンピックに、コロナ禍で参加できない人がいる現状は、クーベルタン男爵とすれば「意義がない」ということになります。改めて五輪の意義を考える時間としたいところです。  商業五輪は