国内最高齢のトラ、死ぬ 穏やかで人なつっこい22歳

野田佑介
[PR]

 いしかわ動物園石川県能美市)で、開園以来20年以上にわたって来園者に親しまれてきたトラのマドラス(オス、22歳)が今月7日、死んだ。同園が発表した。園によると、国内で飼育されているトラ155頭(2020年12月時点)の中で最高齢だったという。

 マドラスは1999年3月、北九州市の到津(いとうづ)遊園(現到津の森公園)で生まれ、いしかわ動物園の開園直前の同年9月にやって来た。6月下旬ごろから食欲が落ち、公開を控えバックヤードで治療を続けていたという。

 飼育展示課長の大井毅さん(59)によると、穏やかで人なつっこい性格だったという。大井さんは「人間で言えば100歳くらいで大往生。長い間みんなを楽しませてくれてありがとうと言いたい」と話した。(野田佑介)