熱狂なき開会式 それでも幕は開いた 会場周辺の空気は

有料会員記事

川口敦子、本間ほのみ、佐藤恵子
[PR]

 23日午後8時。オリンピックスタジアムの国立競技場東京都新宿区霞ケ丘町)で開会式が始まった。無観客開催となる中、スタジアム近くの広場は、少しでも雰囲気を感じようという人々で大混雑した。

 2013年の開催決定から8年。競技場の建て替えや新型コロナの影響で、街は大きく変化した。

 「246(にいよんろく)がこんなに暗くなるなんてビックリよ。夜8時にネオンが消えちゃうんだから」。国道246号から国立競技場へ北に延びる「スタジアム通り」。喫茶店「川志満(かわしま)」を営む長場昌子さん(60)は、冷えたアイスコーヒーを入れながら、コロナ禍での一変ぶりを語ってくれた。

 周辺には国立競技場以外にも、神宮球場秩父宮ラグビー場がある。土地柄、「お祭り騒ぎ」は生活の一部分だ。通りには、プロ野球・東京ヤクルトスワローズのフラッグがたなびき、2019年のラグビーワールドカップでは、日本代表の活躍に街中が狂喜乱舞した。

 しかし、いま体感する五輪の空気は、それとは全く異なる。

 店の前の通りでは新潟、愛知…

この記事は有料会員記事です。残り1170文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら