MISIAさん「君が代」にイントロ、音楽監督は以前…

有料会員記事

編集委員・後藤洋平
[PR]

 東京五輪は23日、新型コロナウイルスの感染拡大が進む中で開会式を迎えた。直前に作曲担当だった小山田圭吾氏が辞任し、開閉会式のディレクターを務める劇作家の小林賢太郎氏が解任されるという異例の事態が重なっての開幕だったが、出演者や入場する選手たちの晴れやかな表情はやはり印象的だ。

写真・図版
開会式で国歌を歌うMISIAさん=2021年7月23日午後8時18分、国立競技場、惠原弘太郎撮影

 前半の見どころの一つは、やはり国歌独唱だろう。歌手のMISIAさんが、世界的に評価が高まっているトモ・コイズミの衣装をまとって歌い上げた。

 NHKの中継では直前までアナウンサーの解説が入ったため聞き取りにくかったが、よく耳にする「君が代」とは違ったイントロが流れたことに気づいた人も多いのではないか。

 一般的には冒頭の2小節をイ…

この記事は有料会員記事です。残り539文字有料会員になると続きをお読みいただけます。