堀井雄二氏「うるうる」 五輪入場行進曲にドラクエなど

[PR]

 東京五輪の開会式の入場行進では、日本発のゲームの音楽がBGMとして流れた。

 開会式のメディアガイドによると、ドラゴンクエストの「序曲:ロトのテーマ」、ファイナルファンタジーの「勝利のファンファーレ」など19曲。

 ほかにも、国・地域名のプラカードが漫画の吹き出しをモチーフにデザインされており、メディアガイドでは「日本が誇るゲームや漫画の文化を、入場行進全体にちりばめており、ロールプレイングゲームのテーマソングの中を歩く選手たちが、まるで勇者のように見えてくる演出となっている」と説明されている。

 人気シリーズ「ドラゴンクエスト」を手がけたゲームデザイナーの堀井雄二さんは、「オリンピックの入場曲にドラクエの曲が流れた時は、ボクも、うるうるしてしまいました。これまで35年走ってきたかいがあったような気がしました。素晴らしい楽曲を作曲してくださったすぎやま先生をはじめ、支えてきてくれた多くの皆さんに感謝です。ありがとう!!」とツイッターに投稿した。

 「スーパーマリオブラザーズ」などで人気の任天堂のゲーム楽曲は、使われなかった。

    ◇

 19曲は次の通り。

 ドラゴンクエスト「序曲:ロトのテーマ」

 ファイナルファンタジー「勝利のファンファーレ」

 テイルズオブシリーズ「スレイのテーマ~導師~」

 モンスターハンター「英雄の証」

 キングダムハーツ「Olympus Coliseum」

 クロノ・トリガー「カエルのテーマ」

 エースコンバット「First Flight」

 テイルズオブシリーズ「王都―威風堂々」

 モンスターハンター「旅立ちの風」

 クロノ・トリガー「ロボのテーマ」

 ソニック・ザ・ヘッジホッグ「Star Light Zone」

 ウイニングイレブン「eFootball walk―on theme」

 ファイナルファンタジー「MAIN THEMA」

 ファンタシースターユニバース「Guardians」

 キングダムハーツ「Hero’s Fanfare」

 グラディウス「01ACT I―1」

 NieRの「イニシエノウタ」

 サガシリーズ「魔界吟遊詩―サガシリーズメドレー2016」

 ソウルキャリバー「The Brave New Stage of History」