軍艦島、対応迫られる日本 世界遺産委「遺憾」採択で

有料会員記事

疋田多揚=パリ、鈴木拓也 聞き手・清水大輔
[PR]

 世界文化遺産に2015年に登録された軍艦島長崎県・端島)をめぐり、ユネスコ国連教育科学文化機関)の世界遺産委員会が「強い遺憾を示す」とする決議を22日に採択した。朝鮮半島出身者らが強いられた労働についての説明が不十分なままだと判断したためで、登録時の約束を果たすよう日本に強く迫った格好だ。

 決議採択後、展示内容が不十分と認定された「産業遺産情報センター」(東京都新宿区)の加藤康子(こうこ)センター長は声明を公表した。「情報センターの役割は正確な1次史料を提供することで、解釈は個々の研究者に委ねるべきだ」と主張。「政治が歴史に介入する悪循環をなくす」ことを目指すと訴え、「決議を真摯(しんし)に受け止め、今後も誠実に履行する」とした。

 見解は情報センターの運営を…

この記事は有料会員記事です。残り2249文字有料会員になると続きをお読みいただけます。