「東京五輪、開かれるべきだった」 マクロン仏大統領

有料会員記事

パリ=疋田多揚
[PR]

 東京五輪にあわせて訪日中のフランスのマクロン大統領は23日、フランステレビ局のインタビューに応じ、「東京五輪は開催されなければならなかった。(新型コロナ)ウイルスと生きるというのはそういうことだ」と持論を語った。

 マクロン氏は「日本政府が開催を維持したのは正しかった。なぜなら感染が数年後にどうなるか、だれにもわからないからだ」と主張。開催の可能性がある限り、あきらめるべきではないとの考えを示した。日本の開催判断を支持し、「五輪精神とは協力の精神だ」として、開催がこうした契機になるとの見方を示した。

 日本の感染対策については「…

この記事は有料会員記事です。残り254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。