「目をあけると、そこは五輪会場…」 バレー高橋藍、小6で綴った夢

写真・図版
今年のネーションズリーグに出場した高橋藍=国際バレーボール連盟提供
[PR]

 「ニッポンチャチャチャ、ニッポンチャチャチャ」

石川祐希 世界へ

イタリアでプレーする石川祐希は、日本バレー界史上最高の逸材とも言われる。その秘密とは――。

 バレーボール男子日本代表のアタッカー、19歳の高橋藍日体大)は小学6年生の時、卒業文集にこんな書き出しの作文をつづっていた。文章はこう続く。

 「目をあけると、東京オリンピックバレーボールの会場にいる。周りは、すごく盛り上がっている」

写真・図版
高橋藍が卒業文集で書いた作文=家族提供

 東京五輪に出場する姿を思い描いていた。

「目標が、できた」

東京オリンピック開催が決まった2013年、高橋藍は作文にそうつづった。あれから8年。日本バレーの新星が、夢の舞台で伝えたいこととは。

 父の政次(48)は高校時代…

この記事は有料会員記事です。残り707文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら