熱海ビーチライン断続的渋滞 災害復旧車両通行に支障か

和田翔太
[PR]

 4連休の2日目となる23日、熱海市内では、土石流被害で通行止めが続く国道の代替路として無料開放されている熱海ビーチライン周辺で断続的に渋滞が発生した。県外ナンバーの車も目立ち、地元住民の車や災害復旧車両の通行に支障が出る可能性がある。

 土石流の影響で国道135号が通行止めになっているため、熱海ビーチラインは、現在、無料で通行可能だ。通行には、時速30キロ以下での走行、追い越し禁止などの条件が課せられる。

 23日は午前9時ごろから午後4時ごろまで断続的に渋滞が発生した。熱海市では、東京方面から伊豆方面に向かう観光客に、迂回して伊豆スカイラインを利用するよう呼び掛けている。(和田翔太)