13分間スピーチ「長い」 開会式、ツイート200万件

[PR]

 無観客で行われた東京五輪の開会式。SNS上では「実況」しながら楽しむ様子が見受けられた。

 SNS分析ツール「ブランドウォッチ」を使って、ツイッターで「開会式」を含むツイートを調べたところ、23日午後8時の開始から翌24日午前2時までに、約200万件つぶやかれていた(リツイートを含む)。

 一番のピークは午後9時台で、45万2千件。ドラゴンクエストファイナルファンタジーなど人気ゲームのテーマ曲に合わせて、各国の選手団が入場するなか、ツイートの関心はゲーム音楽に集中。好きなゲームの音楽が流れて感慨に浸るツイートや、セットリストを作って投稿する人も現れ、「国産ゲーム曲、最高かよ」「選曲がマニアック」などのツイートであふれた。

 選手団の入場を終えた午後11時台には、「#東京2020」のハッシュタグを含むツイートがピークに。22万9千件がつぶやかれた。

 約1800台のドローンが会場上空に地球を描くと、自宅などから見えた写真とともに「ドローンすげぇ」などの投稿が増えた。一方、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長のスピーチが13分間に上ると、「話が長いのは嫌だという世界共通の苦痛でトレンドが染まった」と話の長さを揶揄(やゆ)する声が相次いだ。

 聖火を最終点火者へとつなぐ…

この記事は有料会員記事です。残り271文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

News Data Watch

News Data Watch

気になるニュースや話題を、データから読み解きます。[記事一覧へ]