犠打失敗で併殺、好機つぶす…九回にサヨナラ打放ち挽回

紙谷あかり
[PR]

(23日、高校野球徳島大会 徳島商3-2富岡西)

 1点を追う土壇場の九回裏1死二、三塁。徳島商の佐藤慶悟君(3年)は「打って決めてやる」と打席に入った。七回裏の無死一、二塁では送りバントに失敗し、併殺で好機をつぶした。「自分のせいで流れを変えてしまった」と責任を感じていた。

 「まっすぐが来たらとにかく振ろう」。初球は狙い通りの直球。思い切り振り抜いた。「これはいったな」。鋭い打球が右翼へ飛び、2人が生還。二塁打で逆転サヨナラ勝ちを決めた。

 「ようやった!」。ベンチから飛び出してきた仲間たちにもみくちゃにされながら整列に加わった。

 「挽回(ばんかい)できてうれしかった。次の阿南光戦も僅差(きんさ)になると思うので、一つひとつのプレーを大事にしたい」(紙谷あかり)