市村正親さんと篠原涼子さんが離婚 「新たなカタチで」

[PR]

 ともに俳優の市村正親さん(72)と篠原涼子さん(47)が24日、東京都内の区役所に離婚届を出した。両氏の所属事務所が連名で発表した。2人は2005年に結婚。長男と次男の親権は市村さんが持ち、慰謝料や財産分与はないという。会見の予定もない。

 両氏はそれぞれコメントを発表。市村さんは、「撮影中は家庭内感染を防ぐことからも、別居し役者業に取り組む生活をするようになりました。作品が続いたことで別居が基本の生活スタイルとなり、夫婦、親、互いに役者として、新たなカタチを考えるようになりました」。篠原さんは「私たちなりの新しい形・環境を作って参りたいと二人で話し合いました。親権に関しましては父の背中を見せて育てていきたいとの市村氏の希望と父のようにたくましく育って欲しいとの私の願いが一致し市村氏が持つことを子供たちとも話をしまして決定致しました」とコメントした。