台風8号、東日本に接近へ 五輪ボート競技は日程前倒し

有料会員記事

山岸玲、斉藤佑介
[PR]

 日本の南海上で発生した台風8号は、27日ごろに北日本から東日本にかなり接近する見込みとなった。これを受けて、東京五輪大会組織委員会は24日、海の森水上競技場(東京都江東区)で26日に予定されているボート競技を25日に前倒しすると発表した。

 気象庁によると、台風8号は24日午後6時現在、南鳥島近海を北北東へ時速15キロで進んでいる。中心気圧は996ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。今後は発達しながら次第に西よりに進路を変える見込み。

 発達の程度によっては大荒れの天気となり、上陸する可能性もある。27日午後3時時点の中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は23メートルと予想されている。気象庁は、今後の気象情報に注意するよう呼びかけている。

ほかの競技も変更可能性 五輪広報「珍しくない」

 国際競技連盟は23日、ボー…

この記事は有料会員記事です。残り314文字有料会員になると続きをお読みいただけます。