【写真まとめ】体操ニッポンのエース内村航平、4度目五輪までの軌跡

体操

[PR]

 東京オリンピック(五輪)の体操男子予選で24日、鉄棒に出場した内村航平(32)が落下し、決勝に進めなかった。個人枠で出場した内村の4度目の五輪は、あっという間に終わった。

 最初の五輪は2008年の北京大会。19歳で個人総合の銀メダルをつかんだ。10代での個人総合のメダルは長い体操ニッポンの歴史でも初の快挙だった。

 12年ロンドンと16年リオデジャネイロで、個人総合を2連覇。長年、日本のエースを務めてきた内村の活躍を写真で振り返る。