神村学園、夏「3連覇」逃す 延長十回に逆転サヨナラ

奥村智司、仙崎信一
[PR]

(24日、高校野球鹿児島大会 鹿児島実9-8神村学園)

 鹿児島実との両校持てる力を尽くした白熱の戦いの末、夏の「3連覇」を目指した神村学園が姿を消した。

 左腕投手の投げ合いは、序盤から動いた。神村学園の泰勝利投手(3年)は、初回に自己最速の150キロを記録するなど球は走っていたが制球が定まらず、二回までに押し出しを含む2失点。

 追いかける展開の中、鹿児島実の赤崎智哉投手(2年)の操る変化球に要所を抑えられていたが、六回に下位打線の連続長打で逆転した。

 鹿児島実も粘りを見せる。「とにかく1点ずつ返そうと選手に言い続けた」と宮下正一監督。3点差をつけられた七回裏、1死からバントで得点圏に走者を送り1点を返すと、九回裏の攻撃でも3、4番がバントでつなごうとするなど、執念の攻撃が実って土壇場で同点にした。

 なおも1死二、三塁。今度は神村学園が追い詰められたが、泰投手は後続を断ち切った。主将の前薗奎斗捕手(3年)は「直球がシュート回転して疲れが見えていたが、気合で踏ん張った」と振り返る。

 延長十回表、長谷杏樹選手(3年)の走者一掃のタイムリーで試合は決したかに見えた。しかしその裏、鹿児島実が2四球で得た好機に3連打。サヨナラで激闘を制した。

 決勝打を放った板敷昂太郎選手(3年)は「どんな球でも食らいつくつもりだった」。城下拡主将(3年)は延長での大逆転に「夢みたい」と話しつつ、「3点差でもあきらめなかったのが良かった」と振り返った。

 神村学園の前薗主将は「目標だった夏の3連覇が果たせなくて悔しい」と肩を落としたが「得点機にしぶとく一本が出て、みんなすごく成長した」と仲間をたたえた。秦投手も「野手はいい動きでしっかり守ってくれた。チームとしての野球ができた」と話した。

 昨夏の独自大会で優勝しながら甲子園で戦えなかった昨年の3年生の思いも背負った今年のチーム。小田大介監督は「重圧の中で死力を尽くした。一緒に野球ができてうれしかった」と、泣き崩れる選手たちをねぎらった。(奥村智司、仙崎信一)