池江璃花子、予選敗退も「楽しかった」 別のリレーへの出場も示唆

競泳

[PR]

 東京オリンピック(五輪)2日目の24日、競泳女子400メートルリレーの予選で、白血病から復帰した池江璃花子らの日本は3分36秒20の9位に終わり、上位8チームによる決勝に進めなかった。日本は第1泳者が五十嵐千尋、第2泳者が池江、第3泳者が酒井夏海、第4泳者が大本里佳で臨んだ。

 池江は「隣(のレーンのチーム)といい勝負していたので、自分もそのままいい流れでつなぎたかったですけど、後半はすごく離されてしまったのが結構、悔しかったですし、今回目標にしていた予選から日本記録というのも達成できず、すごく悔しい」と話した。同時に、「この舞台でこのメンバーで戦えて、楽しかったか、と言われたら、すごく楽しかったです」とも話した。

 池江は今大会、個人種目には出場せず、リレーに専念している。「悔しい気持ちも、ものすごく強いので、まだレースも残っていますし、それにむけて気持ちを切り替えて頑張りたいと思います」と話し、この日の女子400メートルリレーのほか、同400メートルメドレーリレー、混合400メートルメドレーリレーに出場する可能性を示唆した。