鹿児島県吹奏楽コン 小学生の部で開幕 九州へ9校

[PR]

 第66回県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)が24日、鹿児島市の川商ホール(市民文化ホール)で開幕した。31日までの期間中に、小学生から大人まで計183団体が日頃鍛えた音色を競う。

 初日は小学生の部で、32校が出場。10校が金賞を受賞し、その中から鹿児島大付属や垂水など9校が県代表に選ばれた。8月20日に福岡市で開かれる九州吹奏楽コンクールに出場する。

 九州大会へ初出場を決めた垂水の金管バンド顧問の上野久美さんは「大海原がテーマの曲を選び、海が近くにある子供たちにはイメージしやすかったと思う。九州大会では垂水の自然が目に浮かぶような演奏をしたい」と声を弾ませた。

 印象に残った演奏に贈られる「おりべ賞」には、枕崎6年のトランペット奏者、岩下さくらさんが選ばれた。(町田正聡)

 結果は次の通り(○は県代表)

     ◇

 【小学生】金賞 ○鹿児島大付属、○和田、○川上、○谷山、○東谷山、○大龍(以上鹿児島市)、○垂水(垂水市)、○武岡台(鹿児島市)、○平佐西(薩摩川内市)、清和(鹿児島市)

 銀賞 春山(鹿児島市)、盈進(さつま町)、紫原、吉野、田上(以上鹿児島市)、永利(薩摩川内市)、西谷山、西紫原、山下、鴨池、玉江、八幡、坂元(以上鹿児島市)

 銅賞 隈之城(薩摩川内市)、星峯東(鹿児島市)、枕崎(枕崎市)、皇徳寺(鹿児島市)、柁城(姶良市)、中山、南、伊敷台(以上鹿児島市)、寿北(鹿屋市)