候補はミゾレ、キリ、ハレ…赤ちゃんアザラシの愛称投票

後藤泰良
[PR]

 大阪市港区の水族館「海遊館」が、4月1日に同館で誕生したワモンアザラシの赤ちゃんの愛称の投票を呼びかけている。1人1回までで、最も得票の多かった愛称が採用される。

 赤ちゃんはオスで、同館が飼育する母親の「アラレ」と父親の「モヤ」から生まれた。出生時の体重は2・44キロ。生まれた直後は低体温などの症状がみられ、ケアが必要だったが、人工哺育で順調に成長。すでに離乳して魚を食べており、体重は16キロを超えるまでになった。最近はいろいろなものに興味を示し、ボールを触ってみるなどの行動が見られるようになったという。

 愛称の候補は、ミゾレ(生まれた時の顔が母親のアラレ似で、アラレに似た天気のミゾレから)▽キリ(白い毛が抜け、顔が父親のモヤ似なので、モヤに似た天気のキリから)▽ハレ(これからも海遊館のワモンアザラシたちに明るい未来を運ぶ存在に育って欲しいと願って)▽ハルサメ(アラレとモヤの子にちなみ、天気と生まれた季節を組み合わせて)▽ヒョウ(アラレより粒の大きいヒョウ。母親よりも大きく育って欲しいと願って)の五つ。担当飼育員たちが、さまざまな思いを込めて選んだ。投票は26日までで、海遊館のホームページや公式SNSなどに記載のURLから専用フォームを開いて投票する。発表は8月1日、ホームページなどで行う。(後藤泰良)