素粒子の理論に大きく貢献、米国のワインバーグ氏が死去

[PR]

 理論物理学者で、ノーベル賞受賞者のスティーブン・ワインバーグさんが死去した。88歳。教授を務めるテキサス大オースティン校が24日、発表した。

 1933年、米ニューヨーク州生まれ。79年、素粒子物理学の「力」の統一理論における業績で、パキスタンのアブダス・サラム氏、米のシェルドン・グラショー氏とともにノーベル物理学賞を受賞。この業績は、素粒子物理学の基礎である「標準理論」の根幹となった。著書に「宇宙創成はじめの3分間」「科学の発見」など。