首相「執念感じた」 金メダル高藤選手に電話で祝意

森岡航平
[PR]

 菅義偉首相は25日午前、東京五輪の柔道男子60キロ級で、今大会日本選手の金メダル第1号となった高藤(たかとう)直寿(なおひさ)選手に首相公邸から電話し、祝意を伝えた。「本当に粘り強い戦いで、勝利への強い執念を感じた」と語った。

 電話のやりとりは報道陣に公開され、首相官邸の公式ツイッターなどでもライブ配信された。高藤選手は「いろんな方から、おめでとうとか連絡をもらい、頑張ってよかったなと改めて思った」などと話した。

 高藤選手の戦いぶりを自宅から見ていたという首相は、「本当に大変な道のりだったと思う。試合が終わった後に、高藤選手の涙を見たときに、今までの努力に多くの皆さんが感動したと思う」とねぎらった。

 柔道では女子48キロ級の渡名喜風南選手も銀メダルを獲得している。(森岡航平)