アンディ・マリー、下半身不調で男子シングルス棄権 ダブルスに絞る

テニス

[PR]

 英国オリンピック委員会は25日、東京オリンピック(五輪)テニス男子シングルスに五輪3連覇をかけて出場する予定だったアンディ・マリー(34)が棄権すると発表した。下半身のコンディション不良のため、ダブルスの出場に絞るという。

 マリーは男子シングルスで2012年ロンドン五輪、16年リオデジャネイロ五輪で史上初の連覇を達成していた。「残念ですが、医療スタッフのアドバイスをもとにダブルスに集中するという難しい決断をしました」とコメントした。