明豊が4年ぶり夏の甲子園 目標は準優勝のセンバツ超え

山口裕起
[PR]

(25日、高校野球大分大会決勝 明豊6-0大分舞鶴)

 派手さはないが、じりじりとリードを広げる。明豊の攻撃は徹底していた。

 一回無死一、二塁から送りバントで走者を進めると、4番米田友がきっちりと右犠飛を打ち上げて先制する。二、三、五回も先頭で出た走者をバントや盗塁などを絡めて得点圏へ。ボディーブローのように1点ずつ加え、初の甲子園を狙った大分舞鶴に重圧をかけた。

 点差が開いても、そのスタイルは変わらない。計10安打に、4犠打2犠飛を駆使して6得点。「自分たちのめざす野球ができた」。米田は胸を張った。

 今春の選抜大会で準優勝したチームの目標は一つ。「春を超えること」だ。4年ぶりに臨む夏の舞台。こつこつと、頂点をめざす。(山口裕起)