阿部詩、柔道52キロ級初の金メダル 仏・ブシャールを破る

柔道

[PR]

 東京オリンピック(五輪)は25日、柔道の女子52キロ級があり、五輪初出場の阿部詩(うた)が決勝でアマンディーヌ・ブシャール(フランス)を破って初優勝した。女子は1992年バルセロナ大会から正式種目に採用されているが、この階級で日本勢が金メダルを獲得するのは初めて。

 阿部詩はテレビインタビューで「この大会だけを目指して日々努力してきたので、私の努力がやっと報われて良かったです。(ブシャールは)本当にライバルであり、尊敬する選手なので最後の相手にふさわしいな、と思いながら、勝てて良かったです」と話した。

 18、19年の世界選手権を制している阿部は準決勝で、16年リオデジャネイロ五輪銀メダルのオデッテ・ジュフリダ(イタリア)を延長の末に優勢勝ちで破って決勝に進出。今年の欧州選手権優勝のブシャールとの決勝も延長にもつれ込み、8分を超える接戦となったが、阿部が抑え込みで一本勝ちした。