五輪開会式の黙とう中にCM NZのテレビ局に批判

荒ちひろ
[PR]

 23日の東京五輪開会式を生中継していたニュージーランドのテレビ局が、新型コロナウイルスで亡くなった人らへの黙禱(もくとう)の最中にCMを流し、批判を浴びている。同国の地元メディア「ニュースハブ」が24日、報じた。

 ニュースハブによると、テレビ・ニュージーランドが開会式の生中継の際、選手団が入場する前にあった黙禱の時間にCMを流したという。黙禱は、新型コロナで亡くなった人や、1972年のミュンヘン五輪でのテロ犠牲者らを追悼して行われた。

 同局は式が始まる前に公式ツイッターで、開会式の中継中にCMを流すかという問いに答える形で、「式典(の中継)を遮らないよう、慎重に適切な時間を選んでCMを流します」と投稿していた。黙禱中にCMを流したことで、この投稿には「信じられない……」「黙禱の時間にCMを流すのは適切じゃないと思う!」などの批判のコメントが相次いでいる。(荒ちひろ)