奈良市の雑木林に遺体 56歳女性、殺害された疑いも

[PR]

 奈良県警は25日、奈良市中町の雑木林で23日に女性の遺体が見つかり、同県大和郡山市小泉町の介護職員、笹岡順子さん(56)と確認された、と発表した。県警は死体遺棄事件として郡山署に捜査本部を設置し、殺害された疑いもあるとみて笹岡さんが死亡した経緯を調べている。

 捜査1課によると、23日午後0時半ごろ、笹岡さんの自宅から北に約5キロ離れた雑木林で、笹岡さんの遺体を捜査員が見つけた。仰向けに倒れ、遺体の一部は白骨化していたという。

 笹岡さんは今月9日に大阪府内の特別養護老人ホームで勤務。15日に県外に住む妹から「連絡が取れない」と郡山署に相談があった。県警は、笹岡さんがこの間に何らかのトラブルに巻き込まれた可能性があるとみて捜査している。

 現場は近鉄橿原線尼ケ辻駅の西約2キロの住宅街の外れ。そばに第二阪奈道路が走っている。