建設が進む日ハムの新球場で見学会 「完成が楽しみ」

志田修二
[PR]

 北海道北広島市で建設が進むプロ野球・北海道日本ハムファイターズの新球場「エスコンフィールドHOKKAIDO」の一部が25日、一般に開放された。徐々に姿を現しつつある巨大なスタジアムを、市民らが間近に見学した。

 市と球団、施工会社の共同企画で、建設が始まった昨年に続いて2回目。3万5千人収容のスタンドや新球場を象徴する切り妻式の屋根、センター側の巨大なガラス壁、飲食店や温浴施設が入るレフトビルなどの建設が急ピッチで進められている。今年度末には約7割が完成する見通しで、2023年3月の開業予定。

 訪れた親子連れらは巨大なクレーンが林立する建設現場をバックに写真を撮ったり、市の担当者の説明に耳を傾けたりしていた。市内の辻本由利子さん(36)と柑菜さん(6)の親子は「ただの林だったのに、こんなに大きな建物が出来てすごい。完成が楽しみです」と話した。(志田修二)