アメリカンドリームつかみ地元で王者に 堀米雄斗が語る新たな役割

有料会員記事スケートボード

加藤秀彬、荻原千明、岩佐友
[PR]

 東京オリンピック(五輪)の新競技スケートボード男子ストリートで堀米雄斗が金メダルを獲得した。会場は地元の東京都江東区。アメリカンドリームをつかみ、凱旋(がいせん)した舞台で初代王者に輝いた。

 「地元江東区で生まれて、ずっとスケボーだけしてきて。金メダルが取れて本当にうれしいです」。いつもはクールな22歳が興奮気味に喜びを語った。

 スケボーに初めて乗ったのは1歳。スケートボーダーだった父亮太さん(46)が自宅近くの大島小松川公園で教えてくれた。6歳で本格的に取り組むようになり、技を習得していった。

 小学校の文集にはこう記した…

この記事は有料会員記事です。残り717文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら