勝つために求めた「変化」 王者陥落経験した阿部一二三、活路は足技

柔道

波戸健一
[PR]

 豪快な柔道の裏で、東京オリンピック(五輪)柔道男子66キロ級の阿部一二三の性格は、緻密(ちみつ)で、綿密な準備を欠かさない。

 たとえば、柔道着は絶対に他人に触らせず、自分で洗い、干し、たたむ。試合場の畳のスプリングの強さも念入りに下調べする。

 ただ、相手を強引にでも担ぎ投げる攻撃一辺倒の柔道は、2017、18年の世界選手権を連覇した後、壁にぶつかった。19年には、丸山城志郎に敗れ、王者から陥落。東京五輪代表の落選危機も味わった。

 映像技術の進化で、強烈な技ほど丸裸にされる時代。世界で勝てば勝つほど警戒され、腰を引いて防御姿勢を取られると手詰まりになる試合が続いた。

 「勝つためには変化が必要だと、一二三が自分で気がついた」。代表の古根川実コーチは振り返る。

 活路を見いだしたのが足技の技術。足技を散らすことで強みの担ぎ技が生きる。担ぎ技を警戒させれば、今度は足技が効く。所属先の先輩で足技が得意な高藤直寿に、足の引っ掛け方の教えも請うた。

 そして周到な準備も欠かさなかった。この五輪の直前には、母校・日体大の恩師に「レスリング部と練習をさせてほしい」とお願いした。66キロ級の海外勢が得意とする技「肩車」の対策を練るためだった。

 先に優勝を決めた妹・詩が見守る決勝。密着戦を好むジョージア選手に、両袖を持つ得意の組み手で勝負に出た。

 開始1分50秒で仕掛けたのは、担ぎ技の袖釣り込み腰。投げられたくない相手の重心が後ろに下がった。「ワンチャンスをものにできたのは成長」。大外刈りの好機を見逃さなかった。磨いてきた技の連係が決まった。

 強引な、かつての柔道とはひと味違う。「とにかく前に出て、相手に圧力をかけて、投げる。それが僕の柔道」と言い続けてきたが、実際は攻撃的な柔道を貫きながら、前と後ろに技を散らす。冷静に勝つための判断も身につけた。もがき、あがいた五輪までの道は、「23年間生きてきて最高の1日」に結実した。(波戸健一)

柔道日本代表男子の井上康生監督の話

 阿部一二三の優勝に「柔道界にニュースターが誕生したと勝手ながら感じた。これまでの荒々しさだけではない、新たな一二三の柔道が作られた」。