卓球混合ダブルスの水谷・伊藤ペア、銀以上が確定 中国と決勝へ

卓球

吉永岳央
[PR]

 東京オリンピック(五輪)は25日、卓球では初採用になった混合ダブルスで水谷隼伊藤美誠のペアが準決勝で台湾ペアに4―1で勝ち、銀メダル以上を確定させた。26日夜に中国代表のペアと決勝を戦う。

 水谷、伊藤ペアは準々決勝でドイツ代表のペアを逆転で破り、準決勝に進んでいた。

 準決勝の後、伊藤は「自分たちらしくて良かった。(決勝は)楽しんで勝ちたいです」。水谷は「準々決勝で本当に苦しい試合の中、諦めないで戦えてお互い成長したと思う。この勢いのまま決勝を戦いたい」と話した。

「集大成」の水谷、初代王者に王手

 混合ダブルスの初代王者に、王手をかけた。

 水谷隼伊藤美誠組にとってこの日の山場は、ドイツペアを破った準々決勝だった。最終ゲーム。序盤から完全に主導権を握られ、一時は2―9。それでも、相手のマッチポイントを計7度もしのいで、最後は試合をひっくり返した。

 主役は、今大会を「集大成」と語る32歳の水谷だった。敗戦の瀬戸際まで追い込まれて、決意を固めた。

 「せっかく東京で五輪が行われているのに、このまま終わっていいのか」

 ここから、強気をフォアハンドに詰め込んだ。「渾身(こんしん)の気持ちを込めて打ちました」。その気迫に、伊藤も引っ張られた。「ついていこうと思った」

 ゲームカウント4―1で制した準決勝の快勝も、すさまじい逆転劇で得た勢いがあったに違いない。メダル確定。決勝で対する世界ランク1位の中国ペアには過去全敗と分は悪いが、伊藤は言う。「1試合ごとに強くなっている自分たちがうれしい」。頂点まで、駆け上がってみせる。吉永岳央