台風8号 27日に東北から関東に上陸か 五輪一部順延

[PR]

 台風8号は26日、日本の東を北北西に進んでいる。今後、西寄りに進路を変え、27日には東北から関東に接近、上陸する恐れがある。気象庁によると、台風の進路に近い地域では大気の状態が不安定になり、「滝のように降る」とされる1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性もある。国際オリンピック委員会(IOC)と大会組織委員会は26日午前11時の会見で、「(ボートを除き)今のところ競技は予定通り行う」とした。

 台風8号は26日午前9時現在、中心気圧992ヘクトパスカル、中心付近の最大風速20メートル、最大瞬間風速30メートル。27日朝には千葉県銚子市の東約110キロまで進み、中心気圧990ヘクトパスカル、最大風速20メートルで、東北と関東甲信で高さ6メートルの波も予想されている。28日には熱帯低気圧に変わるとみられる。

 27日正午までに予想される24時間雨量は多いところで、東北150ミリ▽関東甲信100ミリ、北陸70ミリ。その後の24時間では東北と関東甲信、北陸100~150ミリと予想されている。気象庁土砂災害などのほか、うねりを伴った高波に警戒するよう呼びかけている。

 東京五輪の競技にも一部影響が出ている。国際ボート連盟は27日のボート競技を順延することを決定。翌28日の日程も29日に後ろ倒しすることにしている。