「薬品混合中に爆発」 尼崎の工場、従業員3人重軽傷

[PR]

 26日午前9時25分ごろ、兵庫県尼崎市南初島町の化学製品を扱う工場で、「薬品の混合作業中に爆発が起きた」と従業員から119番通報があった。市消防局によると、従業員の男性3人が顔にやけどを負って救急搬送されたが、いずれも命に別条はないという。

 市消防局によると、塩酸でレアメタルを溶解作業中に爆発火災が起きたとみられる。搬送された3人のうち、40代は重傷、30代と50代の2人は軽傷という。

 現場には消防車16台が出動し、約45分後に消し止められた。建物に被害はなかったという。

 現場は、阪神尼崎駅から南へ約1・5キロの工場などが集まる臨海地域。