13歳・西矢椛、スケボー女子ストリートで金 日本史上最年少メダル

スケートボード

[PR]

 東京オリンピック(五輪)第4日の26日、スケートボード女子ストリートの西矢椛(もみじ)(13)が金メダルを獲得した。中山楓奈(ふうな)(16)が銅メダルを獲得した。

 スケートボード東京五輪で初めて採用された新競技。西矢の13歳10カ月26日でのメダル獲得は日本代表史上最年少。これまでの記録は1992年バルセロナ五輪の競泳女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した岩崎恭子の14歳6日だった。

 西矢は大阪府出身。兄の影響で5歳でスケートボードを始めた。2019年に世界最高峰のXゲームで準優勝。今年6月の世界選手権で2位に入り、逆転で五輪切符をつかんだ。世界ランキング5位。