中国、塾や多すぎる宿題を規制 重荷減らして少子化対策

有料会員記事

北京=林望
[PR]

 中国で過酷な受験戦争が子どもや保護者の大きな負担になっている現状を受け、中国共産党と国務院(政府)は学習塾の新規開設や小中学校の過重な宿題の規制に乗り出す。子供の学習をめぐる重圧が少子化の要因になるなか、対策を急ぐ狙いもある。

 党と国務院が24日に発表した方針は、「子供が宿題と学習塾で背負う過重な負担、家庭の教育費や保護者の負担を1年以内に軽減し、3年以内に成果を明確なものにする」とした。

 小中学生対象の学習塾(スポーツ・芸術は除く)の新規開設は認めず、既存の塾は非営利団体として登記しなおす。料金なども政府が監督するとした。小中学校が出す宿題も「小学2年生以下はなし、6年生以下は1時間以内、中学生は90分以内で終わる」範囲に収めるよう求めた。

 「努力しても宿題が終わらな…

この記事は有料会員記事です。残り320文字有料会員になると続きをお読みいただけます。