「緊張感?変わんなかったです」金の西矢椛、競技中にラスカルの話も

スケートボード

[PR]

 東京オリンピック(五輪)第4日の26日、スケートボード女子ストリートの西矢椛(もみじ)(13)が金メダルを獲得した。13歳10カ月26日でのメダル獲得は日本代表史上最年少。競技後のインタビューは次の通り。

 「うれしいです」

 ――こみあげてくるものがあったか。

 「はい」

 ――決勝のトリック、2回失敗の後、素晴らしい演技でした。

 「途中まではもう勝てないと思っていたけど、まわりの人が励まして、いけるよって言ってくれて、乗れてうれしかったです」

 ――中山選手と何を話していましたか。

 「ラスカルの話していました」

 ――スケボーの話じゃないのか。

 「全然違います」

 ――オリンピックの緊張感は。

 「そんな変わんなかったです」

 ――いつもどおりだったか。

 「最初はそんなだったけど、後半は出来たと思います」

 ――途中から気持ちが変わったことはあるか。

 「そうですね」

 ――どんなふうに変わったか。

 「やっぱ、他の人も応援してくれているから、最後まで諦めずにやろうと変わってきました」

 ――今日1日、楽しそうに滑る。

 「ありがとうございます」

 ――何を考えているのか。

 「みんな、オーとか言ってくれるから、それが楽しいから、やっぱ笑顔で」

 ――13歳で金メダリストになった。

 「最新(最年少)記録だと思うんですよ、金メダル。だから、それがうれしいです」