医師かたりワクチン接種問診した疑い 70歳女を再逮捕

新型コロナウイルス

高絢実
[PR]

 医師ではないのに新型コロナウイルスのワクチン接種の問診をしたとして、愛知県警は26日、水戸市新原1丁目、無職月舘静恵容疑者(70)を医師法違反の疑いで再逮捕し、発表した。

 国際捜査課によると、月舘容疑者は5月26日~6月23日、施設長として勤務していた茨城県内の介護老人保健施設で、入所者83人に対して計108回、新型コロナのワクチン接種前に健康状態などを尋ねる問診や、接種の可否の判断をした疑いがある。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 施設の看護師が注射をし、健康被害は確認されていないという。問診は医療行為で、医師でないとできない。

 県警は2月、大阪市中央区道頓堀にあった在留カードなどの「偽造工場」とみられる雑居ビルを家宅捜索。運転免許証や健康保険証などの偽造を依頼した客のデータに月舘容疑者が含まれていたという。月舘容疑者は偽造された医師免許証を入手後、4月にこの老健施設の施設長に就任。その後、にせの医師免許証の写しを使用したなどとして偽造有印公文書行使の疑いで逮捕・起訴されていた。(高絢実)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]