バスケ男子 スロベニア・ドンチッチが五輪歴代2位タイの48得点

バスケットボール

[PR]

 東京オリンピック(五輪)バスケットボール男子で、初出場のスロベニア(世界ランキング16位)が26日、1次リーグC組の初戦でアルゼンチン(同4位)を118―110で破った。スロベニアの中心選手ルカ・ドンチッチ(マーベリックス)は、五輪で歴代2位タイとなる1試合で48得点をあげ、チームに五輪初勝利をもたらした。

 国際連盟(FIBA)によると、五輪における1試合の得点歴代1位は55得点で、ブラジル代表のオスカー・シュミットが、1988年ソウル大会のスペイン戦で記録した。また、豪州代表のエド・パルビンスカスが76年モントリオール大会のメキシコ戦で、今回の記録に並ぶ48得点を奪っている。

 ドンチッチは22歳。身長201センチ、体重104キロで、ポイントガードからパワーフォワードまでこなす点取り屋。13歳でスペインの強豪レアル・マドリードと契約し、18年に米プロNBAドラフトで1巡目3位指名を受けた。2019年のNBA新人王。