「飲み薬」タイプのコロナ治療薬、治験開始 塩野義

新型コロナウイルス

田中奏子
[PR]

 塩野義製薬は26日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補について、3段階のうちの第1段階の臨床試験(治験)を始めたと発表した。「飲み薬」のタイプを想定し、重症化を防ぐなどの効果が期待できるという。2段階以降の治験や実用化の時期は未定。

 22日に1例目の投与を開始した。国内の20~55歳の健康な75人を対象として、まずは安全性を確認する。

 治験に入った治療薬候補は、コロナウイルスが体内で増殖する過程の一つを阻み、ウイルス量を低下させるとしている。感染初期に服用することで重症化を防ぎ、発熱やせきなどの症状を改善できると見込む。形状はまだ決まっていないが、口から飲む錠剤やカプセルなどを想定している。

 国内では新型コロナの治療薬として、「レムデシビル」「デキサメタゾン」「バリシチニブ」「抗体カクテル療法」の4製品が承認されている。このほかにも既存薬の転用や新薬開発が進められている。(田中奏子)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]