奄美・沖縄、最後の自然遺産の可能性 過剰利用が課題

有料会員記事奄美・沖縄

川田俊男
[PR]

 日本で初の世界自然遺産である白神山地屋久島が登録されたのは1993年。その後、2003年に政府の検討会で挙がった19地域のうち「世界自然遺産の価値がある可能性が高い」として候補に選ばれたのが知床、小笠原諸島、奄美・沖縄(琉球)の3地域だった。政府は順に推薦し、05年に知床、11年に小笠原諸島が登録された。

 03年の検討会以降も他の地域について分析・調査がなされたが、新たな候補地はなく、奄美・沖縄は最後の自然遺産になる可能性が高いという。

 登録されるには、他にはない特徴や価値が求められる。世界の陸域を植物や動物の分布などで区分すると、日本列島は五つの地区に分かれる。世界自然遺産に登録された5カ所は、それら五つの地区にそれぞれ位置づけられる。新たな地区が自然遺産として認められるには、すでに登録された5カ所とは異なる価値を証明する必要があり、難しいという。

 今後は登録された五つの自然…

この記事は有料会員記事です。残り227文字有料会員になると続きをお読みいただけます。