スケボ西矢椛の「ラスカル」アニメ会社が騒然 でも「君じゃない」?

牛尾梓
[PR]

 「ラスカルの話をしていました」

 26日に行われた東京五輪スケートボード女子ストリートで、日本代表史上最年少で金メダルを獲得した西矢椛(もみじ)選手が競技後のインタビューでこう答え、ネット上がざわついた。同じ種目に出場していた中山楓奈選手と「何を話していましたか」との質問に対しての答えだった。

 「ラスカル」と聞いて、多くの人がイメージしたのはテレビアニメ「あらいぐまラスカル」。そのため、「ラスカルって、あのラスカル?」「かわいすぎる!」などのツイートが相次ぎ、「ラスカル」がトレンド入りする事態となった。

 「ラスカル」自身も反応した。26日午後4時過ぎ、公式ツイッターで、スケートボードに乗るラスカルのイラストとともに、「西矢選手、中山選手、スケートボード女子ストリートでのメダル獲得おめでとうございますミャ~」と祝福の言葉を投稿した。

 「あらいぐまラスカル」の制作会社、日本アニメーションによると、ラスカルの「お友達」の社員が西矢選手のニュースを見つけ、社内が騒然となった。

 「『ラスカル』と言っても、色々な可能性がある。確定しているわけではないけれど、うちのラスカルならこんなにうれしいことはない。ラスカルと一緒にお祝いメッセージを作ろう」と、社員が一丸となり、ラスカルに代わって、イラストの作成に取りかかった。「鮮度が命」と、ほかの仕事はすべて後回しにして、2時間ほどで一気に描き上げたという。

 西矢選手が言ったのは、別の「ラスカル」かもしれない、という疑いも頭をよぎったが、「おめでたい話だし、この際どうでもいい」と思ったという。

 ツイートには「君のことじゃないよ」とのコメントもあったが、「ラスカル仕事早い!」と称賛する声が続いた。

 「あらいぐまラスカル」は1977年に放送されたテレビアニメ。子供たちの人気を博し、ペットとしてアライグマを飼うのがはやるほど、一大ブームとなった。近年は、無料通話アプリLINE(ライン)のスタンプのキャラクターとして人気で、文房具なども販売されている。「今では、そもそもアニメだったことを知らない人の方が多い」(広報)と言う。

 ただ、西矢選手の後に会見に応じた中山選手は、同じことを聞かれ、こう答えた。

 「(最後の滑走の前に西矢選手と)ラスカルの曲を聴いてるよ、って」。

 あらいぐまラスカルは歌を出しているのだろうか。再び日本アニメーションの広報に尋ねた。長い沈黙が続いた後、答えが返ってきた。「オープニング曲とエンディング曲ならありますね」

 ネット上では、ヒップホップ歌手のことだったのでは、という指摘がされている。牛尾梓