「当たり前じゃ」「仏壇に報告」 黒い雨、広島の原告ら

有料会員記事

[PR]

 ようやく訪れた「決着」だった。「黒い雨」訴訟で原告全員を「被爆者」とした広島高裁判決に対し、菅義偉首相が上告断念を表明。原告らは胸をなでおろした。

 「良かったです。今度こそ本当ですよね」。広島県安芸太田町の原告、中津サワコさん(83)は知らせを聞き、ほっとしたように何度も繰り返した。

 国民学校2年生だった原爆投下当時、旧筒賀村(現・安芸太田町)にいて、書類の切れ端やぼろ切れなどが空から降りてくるのを目撃した。黒い雨を浴び、畑の野菜に黒いものがついているのも見たという。戦後、貧血に悩まされ、今は糖尿病などの治療を続けているという。

 原告だった夫が3年前に亡くなった後、自身も裁判に参加。14日の高裁判決は、一審では国側が控訴しただけに「前と同じになるんじゃないかと不安でもろ手を挙げて喜べなかった」。勝訴が確定することになり、「仏壇に『上告しないって(判断が)出たよ』と報告したい」と喜んだ。

 同町の原告、小西昭義さん(86)は「事実が事実として認められただけ。当たり前じゃ」と淡々と語った。「私たちの気持ちがある程度届いたと思う。でも、被爆者健康手帳が届くまで気は抜けない」と冷静に受け止める。

 当時、旧安野村(現・安芸太田町)にいた。国民学校の教室にいたときに原爆が落とされ、窓が音を立てて揺れた。下校時、夕立が降り、帰宅すると洗濯物が黒く染まっていた。年数が経つにつれて体調を崩し、10年前には直腸がんを患った。

 15人の原告が被爆者と認められないまま亡くなった。「無念だね」と言葉をつまらせた。「私たちが味わった76年間の苦しみは変わらない。うれしいけど、複雑じゃ」

 原告団は26日午前、県と広…

この記事は有料会員記事です。残り931文字有料会員になると続きをお読みいただけます。