「私はゲイで、金メダリスト」 英国飛び込み選手が会見で語った半生

飛び込み

木村健一
[PR]

 水泳の男子シンクロ高飛び込みで金メダルを手にした英国のトーマス・デーリー(27)は男性のパートナーと3歳の息子と暮らす。会見で言った。

 「私はゲイで、金メダリストです」

 7歳で競技を始め、2008年北京五輪に14歳で出場した。地元開催の12年ロンドン五輪は高飛び込みで銅メダルを獲得し、16年リオデジャネイロ五輪はシンクロで銅。そして、この日、4回目の五輪で強豪・中国を破り、金メダルをつかんだ。

 表彰台の頂上に立ち、涙を流して笑った。

 「オリンピックチャンピオンは長年の夢だった。まだ実感がない。信じられない」

「若い頃は孤独だった」

 会見で自身の人生を振り返った。

 「若かった頃は孤独だった。何もできないと思っていた。どこでもなじめないのではないか、と。葛藤していた」

 13年にゲイを公表し、17年に米国の脚本家の男性と結婚した。

 「孤独でも、孤独じゃない。必ず仲間がいる。家族がサポートしてくれる。誇りを持っている」

 18年に家族に迎えた息子は、「最高のサポーター」だという。1カ月前、3歳の誕生日を迎えた。

 「オリンピック選手になりたいと言ってくれる。それがうれしい。チャンピオンになって、パートナーも息子も喜んでくれる。本当は東京で見てくれたらよかった。早く帰って、一緒に祝いたい」

 今年5月、東京で開かれたW杯。デーリーは競技のない時間に、観客席で1年半前に始めた編み物に打ち込んでいた。競技の価値を「出自も性別も全く関係なくジャッジされること」を語り、こう続けた。

 「自分のストーリーを伝えることで、人々の意識を変えることができる」木村健一