鹿児島実の捕手、樟南エースは幼なじみ「聖地で暴れて」

奥村智司
[PR]

(26日、高校野球鹿児島大会決勝 樟南7-0鹿児島実)

 5点差を付けられた苦しい展開の中、六回表に回ってきた2死三塁のチャンス。鹿児島実の捕手、城下拡主将(3年)は「ここで1本打てば流れが変わる」と意気込んだが、結果はレフトフライ。九回の打席では、強い当たりを放ったがライトの正面に飛んだ。「力んでしまった」

 長打が飛び交った神村学園との準決勝は、延長で3点差をひっくり返して逆転サヨナラ勝ち。決勝は仕切り直して「冷静にいこう」とチームメートに呼び掛けて臨んだが「(準決勝の)余韻が残っていたかもしれない」。自らを含めた鹿児島実の打線はバットが下から出るなど、力みが目立ったと振り返る。

 終盤は焦りも生まれ、緩急を使った樟南の西田恒河投手(3年)を最後まで崩せなかった。その西田投手とは、少年野球チームでバッテリーを組んでいた。「最後の試合を幼なじみと戦って、負けて悔しいけどうれしかった。甲子園で暴れてほしい」

 伝統校同士の一戦。終了後、同じ重圧を抱えていたはずの樟南の下池翔夢主将(3年)と抱擁を交わし、「頑張ってくれ」と伝えた。(奥村智司)