バレー日本男子、2連勝 石川祐希を中心にポイントをあげる

バレーボール

[PR]

 東京オリンピック(五輪)のバレーボール日本男子は26日、東京・有明アリーナで行われた1次リーグA組の第2戦でカナダと対戦。23―25、25―23、25―23、25―20と3―1で下し、2連勝を飾った。

【特集】石川祐希 世界へ

日本バレー界史上最高の逸材。その秘密とは――

 日本は第1セットこそ取られたものの、西田有志石川祐希を中心にポイントをあげて競り勝った。試合後、西田有志は「五輪は特別な舞台だと肌で感じている。我慢するところは我慢できた。まだまだ上に行けると思うので、次の試合につながるように修正していきたい」と語った。

 日本は28日に第3戦で格上のイタリアと対戦する。