五十嵐カノア、サーフィンで全米王者になった男「金メダルで名残す」

有料会員記事サーフィン

照屋健、室田賢
[PR]

 サーフィン男子の五十嵐カノア(23)がよく口にする言葉がある。「スター」。目標とするのは、サッカーの元イングランド代表で世界的なスター、デビッド・ベッカム(46)。パリで一目見たとき、その雰囲気に圧倒された。

 「衝撃的だった。全然違うなあ」

 父の勉さんにいった。憧れたのは、オーラだけではない。その生き様だ。

 「英語で言うとgive back(還元)。最近は新しいサッカークラブをつくって、子どもたちを育てている。僕もサーフィンにgive backしたい」

 サーフィンをもっとメジャーなスポーツにしたい。サーフィン界で日本勢でただ一人、世界最高クラスのチャンピオンシップツアーに参戦する男の原点だ。

 「世界で活躍する子に育ってほしい」

 それがサーファーだった両親…

この記事は有料会員記事です。残り986文字有料会員になると続きをお読みいただけます。