夫のさりげない一言、私は救われた 弱点と思ってたのに

有料会員記事

若松真平
[PR]

 子どものころから内気で、他人に気を使い過ぎてしまうところがある、なりたりえさん。

 2児の母になった今も、そんな性格にコンプレックスを感じている。

 今年の6月末、娘が通う幼稚園で音楽発表会があり、ビデオカメラを持って1人で参観した。

 新型コロナウイルスの関係で各家庭1人ずつという制限があったので、夫のために記録に残しておこうと思っていた。

 イベントがある時の撮影は、いつも夫に任せていたので不慣れだった。

 場所取りも苦手で、他の保護者たちの前に出ることができず、頭と頭の間から娘を撮影することにした。

「見えにくーい」

 自宅に戻って家族で動画を見ていたら、やっぱりたくさんの頭が映っていた。

 娘からは「見えにくーい」と言われてしまった。

 申し訳ない気持ちでいたら、夫がこう言った。

 「これは、とってもママらしいビデオだな~」

 それだけ聞いても意味がわからなかったが、イヤミを言うような夫ではない。

 続く言葉を聞いて、言いたかったことが理解できた。

 「ママは控えめな性格だから…

この記事は有料会員記事です。残り810文字有料会員になると続きをお読みいただけます。