絶対的王者が漏らした「怖かった」 五輪の重圧に打ち勝った大野将平

有料会員記事柔道

[PR]

柔道 野村忠宏の目

 あの大野将平選手が勝利を決めた瞬間、小さくガッツポーズをした。

 柔道男子73キロ級決勝。絶対的な王者でも、勝ち切ることがいかに難しいか。その姿、表情を見て、私はオリンピックの怖さを改めて感じた。

 1年5カ月ぶりの実戦という心配は不要だった。淡々と戦っているようでいて、相手に圧力をかけながら徐々に追い込んでいく。いつも通りの強さを初戦から発揮した。

 準決勝、決勝は攻めあぐねていたものの、奥襟をとられても、強引な技をしかけられても、体の軸も、心もぶれなかった。最後は相手を抱き込みながら、支え釣り込み足を決めた。

 決勝を終えて井上康生・男子…

この記事は有料会員記事です。残り453文字有料会員になると続きをお読みいただけます。