台風8号、深夜に東北上陸か 関東・北陸も大雨に注意

[PR]

 台風8号は、27日夜遅くから28日未明に東北に接近し、上陸する見込みだ。気象庁によると、東北と関東、北陸では大気の状態が非常に不安定となり、28日にかけて1時間30ミリ以上の激しい雨が降って大雨となる地域もあるという。

 東京五輪の各競技は、ボートなどの一部日程に変更があったほか、東京・お台場海浜公園でのトライアスロンが悪天候で15分遅れて午前6時45分にスタートしたが、大半は予定通り開かれている。

 気象庁によると、東京・八丈島では27日明け方、7月としては観測史上最多の1時間64・5ミリの非常に激しい雨が降った。千葉県銚子市では朝、最大風速19・2メートルの強い風を観測した。

 台風8号は27日午前9時現在、千葉県銚子市の東南東約190キロでほぼ停滞している。中心気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。今後は北上し、午後9時には福島県いわき市の東に、上陸後は東北を通過し、28日に日本海へ抜けて温帯低気圧に変わる予想。

 28日午前6時までの24時間雨量はいずれも多いところで、東北の太平洋側200ミリ▽東北の日本海側150ミリ▽新潟県と関東北部100ミリなど。関東では雨は27日が中心だが、東北と北陸ではその後の24時間でも50~100ミリの雨が予想されている。風の影響で波も高く、28日にかけて東北太平洋側で6メートル、関東で5メートルの予想。